アニメーション80 ブログ

NEWS & INFORMATION

上映会のご案内、アニメーションや芸術に関する情報など

2017年11月10日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

BLUE DANUBE FILM FESTIVAL

オーストリアの映画祭 “BLUE DANUBE FILM FESTIVAL”で
「mechanicalife」が”Super Short”部門(5分以内)でオフィシャルセレクションに入りました。
この機会に「mechanicalife」のtrailer(予告編)を公開しました。是非ご覧ください。
<ナカニシ>

BLUE DANUBE 2017-web-top

BLUE DANUBE FILM FESTIVAL

http://www.bluedanubefilmfestival.hu/nominees-2017/super-short/

BLUE DANUBE 2017-web-SuperShort

mechanicalife-s04.jpg
mechanicalife
<5mins00secs,16:9,digital,color,stereo,2017,JAPAN>

trailer(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=o-z_zEKi6n0&list=PLhxCUA8y_smt7eqLBSycS5O9k7u8Mbvt7
2017年10月23日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

CORTO CORRENTE 2017

イタリアの映画祭 “CORTO CORRENTE 2017”で
「mechanicalife」が最終候補者のリストに入りました。
<ナカニシ>

CORTO CORRENTE-web-top

INTERNATIONAL Festival del Cortometraggio
CORTO CORRENTE 2017

web:CORTO CORRENTE 2017

CORTO CORRENTE-web-finalist

mechanicalife-s04.jpg
mechanicalife
<5mins00secs,16:9,digital,color,stereo,2017,JAPAN>
2017年10月19日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

PUBLICYSTYKA 2017

ポーランドの映画祭 “PUBLICYSTYKA 2017”で
「mechanicalife」がコンペティションエントリーしました。
52作品が選ばれ、10月20〜22日に上映されます。
<ナカニシ>

PUBLICYSTYKA 2017-webtop

INTERNATIONAL INDEPENDENT FILM FESTIVAL
PUBLICYSTYKA 2017
Kedzierzyn-Kozle, Poland, 20-22 October 2017
web:http://www.mok.kedzierzyn-kozle.com.pl/publicystyka-english


PUBLICYSTYKA 2017-webcompe
mechanicalife-s04.jpg
mechanicalife
<5mins00secs,16:9,digital,color,stereo,2017,JAPAN>
2017年10月12日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

「はままつ映画祭2017」

「はままつ映画祭2017」で
日本アニメーション協会とアニメーション80の会員である、
細山広和のセレクションによる海外・日本のアニメーション特集が上映されます。
中西も「gymnasiumany」と「絶対15秒アニメーション」で参加しています。
お近くに立寄りの際はぜひご覧ください。<ナカニシ>

hamamatsu-cinema-fes2017.jpg

「はままつ映画祭2017」

会 場:木下惠介記念館・鴨江アートセンター
日 時:2017年11月11日(土)・12日(日)
開 場:10:00 上映:10:30~
入場料:¥1,200(前売) ¥1,500(当日) 
(ご本人様、当日に限り、半券提示で入退場自由)
前売券販売:シネマイーラにて(10月14日(土)より発売)

はままつ映画祭2017 映画祭事務局:
公式ページ:http://www.hamamatsu-eigasai.com
公式ブログ:http://hamamatsueigasai.hamazo.tv
Facebook:https://www.facebook.com/hamamatsueigasai/
twitter:https://twitter.com/hamamatsu_eiga


プログラムG
「アニメーション作家・細山広和のセレクションによる
 海外・日本のアニメーション特集」


■日本プログラム
上映会場:木下惠介記念館
上映日時:2017年11月12日 12:15~ 

上映作品:
・いつもそばに(細山広和/5’42”/2016)
・Birth- つむぐいのち
 (荒井知恵・こぐまあつこ・若見ありさ(共同監督)/19’04”/2015)
・オムネン(石田卓也/1’00”/2013)
・gymnasiumany(中西義久/5’00”/2015)
・Barnadis Trossets de Barcelona(米正万也/4’00”/2013)
・灯花 The Light(助川勇太/7’14”/2010)
・放課後ミッドナイターズ ショートシリーズ(短編4本)
 (竹清 仁/1’30” x2, 1’00”x2/2012・2016)
・ぼうけんしよう!!(飯面雅子/3’42”/2013)
・フィルムマフラー「恋の急展開」(やたみほ/1’40”/2013)
・ツインズ・イン・ベーカリー(宮澤真理/5’00”/2013)
・WONDER(水江未来/8’10”/2014)

■海外プログラム
上映会場:木下惠介記念館
上映日時:2017年11月11日 11:00〜

■特別枠(ROBOTの協力による)
・つみきのいえ (加藤久仁生/12’03”/2008)

■世界プログラム
・Guida(ギーダ)(Rosana Urbes/11’20”/ブラジル(2014))
・Hamlet Comedy(露:Gamlet Komedia) (ハムレット コメディ)
 (監督:Eugeniy Fadeyev/5’00”/ロシア(2016))
・午 noon(昼下がり)
 (監督:Cindy Yang(楊子新)/3’50”/台湾(2015))
・The Five Minute Museum(ザ ファイブ ミヌット ミュージアム=5分博物館)
 (監督:Paul Bush/6’35”/イギリス(2015))
・A Girl Who Named Elastika
 (ア ガール ネームド エラスティカ=エラスティカという名の女の子)
 (監督:Guillaume Blanchet/3’30”/カナダ(2012))
・Animated daily (仏;Journal Anime)(アニメイティッド デイリー=動画新聞)
 (監督:Donato Sansone/4’11”/フランス(2016))
・Rabbit and Deer (洪:Nyuszi és Öz)(ラビット アンド ディア=うさぎとしか)
 (監督:Peter Vacz/16’45”/ハンガリー(2013))


「絶対15秒アニメーション」
(日本アニメーション協会有志制作 イントゥ7用オムニバスアニメ)
上映会場:鴨江アートセンター 104(木下惠介記念館向かい)
上映日時:11日、12日両日 12:00〜16:00
 入場料:無料スペースにて繰り返し上映しています


「公募入選映画」
上映会場:木下惠介記念館
上映日時:2017年11月11日 12:30~
     2017年11月12日 11:00~12:00 , 13:00~
全国から公募による入撰映画15作品。
映像作家たちの渾身の力作をお楽しみください。
2017年10月03日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

ANIMA-SÃO 2017

ANIMA-SÃO-web-top
ブラジルの映画祭ANIMA-SÃOで
「mechanicalife」が子供部門コンペティションエントリーしました。
映像はまだ公開していませんが、スチール写真は中西のwebで公開しています。
http://oneminute.web.fc2.com/profile-1/mechanicalife.html
ぜひご覧ください。<ナカニシ>

ANIMA-SÃO-web-mechanicalife

ANIMA-SAO
Brazil, Sao Goncalo, RJ, October 2017, Session "Children"
2017年07月28日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~

「イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~」の
「JAA会員新作 A」プログラムにて、
中西義久の自主制作アニメ『mechanicalife』を上映します。
各回、制作者の舞台挨拶ありです。是非ご覧下さい。<ナカニシ>

mechanicalife-s01.jpg
『mechanicalife』
<5m00s,16:9,video,2017>
 監督:中西義久
 音楽:国広和毅
 作品解説:
ペーパークラフトで制作した2体のロボットが繰り広げる
彼らの日常生活を描いたナンセンスとユーモアを盛り込んだ、
ペーパークラフト・アニメーション作品。
紙だけで作った関節人形でどこまで動かせるかと、
物語を面白く見てもらえるかという事に挑戦したコマ撮り作品。


IntoAnima7-omote1276.jpg
「イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~」

会 場:六本木 国立新美術館 3F
期 間:8月4日(金)~7日(月)
入場料:全プログラム無料 
web sight:http://www.jaa.gr.jp/into7/
facebook:https://www.facebook.com/IntoAnimation7/


JAA会員新作 A <8作品 90分>
 8/4(金)11:20~12:50
 8/5(土)15:25~16:55
 8/7(月)14:15~15:45

パルタ今昔物語/保田克史
とうときょう/合田経郎
映画『一茶』/古川タク
mechanicalife/中西義久
ご存知えびせんのしりとりアニメ2017超豪華拡大版/グループえびせん
『いつもそばに』+おまけ/細山広和
作品集2016(仮)/ヨシムラエリ
サティの「バラード」/山村浩二
2017年07月23日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イントゥ・アニメーション 7「絶対15秒アニメ」

2017年8月4日(金)~7日(月) に国立新美術館3Fで行われる
イントゥ・アニメーション 7〜INTO ANIMATION 7〜の
各プログラムの間に1日1~3回上映される、
「絶対15秒アニメ」をご紹介します。

私も『七つの仕掛け』を出品します。

Seventrickssystem-02s.jpg
『七つの仕掛け』
一つの箱が開くと中の扉が開いていき、七つの仕掛けが展開するペーパークラフト・アニメーション作品。

「絶対15秒アニメ」
参加者/タイトル

  1/浅野優子/SnowWhite and the Seven Kokeshis
  2/あしたのんき/ラッキ~セブン
  3/いがらしなおみ/夕焼けの時間
  4/池田爆発郎/ラセブン
  5/石田卓也/ヒゲヒゲソリソリ
  6/一瀬皓コ/カニとキリン
  7/いわつき育子/いっしょにピヨピヨ7
  8/越後谷みゆき/NUGINUGI
  9/角谷貴司/7 brothers
  10/ガジェットスター/鋼鉄裁判艦ジャッジメント7
  11/冠木佐和子/ゴキブリ体操
  12/キム・イェオン/小部屋の幻想
  13/キム・ハケン/早いな、一週間
  14/久保雄太郎/みかん
  15/佐藤 皇太郎/7つに分けるには?
  16/佐野真隆/CHAIR
  17/島由美/小惑星探査機はやぶさ・7年間の旅
  18/清家美佳/ナナホシテントウ
  19/千光士義和/七変化
  20/土田ひろゆき/グリーンチップ
  21/津山昌徳/空の玉響(たまゆら)
  22/長塚美奈子/七味サンバ
  23/中西義久/七つの仕掛け
  24/西内としお/くま
  25/ノコゆかわ/7 stories of cats
  26/ひこねのりお/虹鬼
  27/姫田真武/7人兄弟の生活
  28/船本恵太/光りのセンテンス
  29/古川タク/ホテル・ナンジャラホイ・ドバイ
  30/細山広和/ごわさんでねがいましては
  31/間山マミー/虹色ハローくん
  32/南正時/しあわせのでんしゃ
  33/村上寛光/Sticks
  34/森下裕介/Beads Number
  35/森田和夫/フライパン座でクッキング
  36/湯川高光/八百屋お七
  37/横須賀令子/七つ目人
  38/ヨシムラエリ/なーな
  39/わたなべさちよ/七つの子

イントゥ・アニメーション 7〜INTO ANIMATION 7〜は全プログラム無料です。
また全作品収録のDVDも1,500円で販売されます。

「絶対15秒アニメーション」のPV
https://www.youtube.com/watch?v=mmaGIKbpOfk&feature=youtu.be

詳細は日本アニメーション協会のwebサイトでご確認ください。
http://www.jaa.gr.jp/into7/
2017年07月15日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

Into Animation 7〜イントゥ・アニメーション7

2017年8月4日(金)~7日(月)の4日間に渡り
六本木の国立新美術館にて開催されます。
全プログラム無料です。ぜひご覧ください。
web sight:http://www.jaa.gr.jp/into7/

IntoAnima7-omote1276.jpg
IntoAnima7-ura80-1276.jpg
2017年04月19日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イメージフォーラム・フェスティバル2017 東京・渋谷

「イメージフォーラム ・フェスティバル 2017」の
Hプログラム「化現する身体」にて、
中西義久の自主制作アニメの最新作『mechanicalife』を上映します。
是非ご覧下さい。
今年のポスター・ビジュアルは、ミュージシャンの近田春夫さんによるものです。

IFF2017TOKYO-s1.jpg
31th IMAGE FORUM FESTIVAL

イメージフォーラム・フェスティバル2017

東京:シアター・イメージフォーラム(渋谷)
4月29日(土)~5月7日(日)
入場料:当日券[1回券]1,500円 [4回券]3,200円 [フリーパス券]8,000円 

イメージフォーラム・シネマテーク3F「寺山修司」
4月29日(土)~5月7日(日)
入場料:当日券のみ[1回券]700円

イメージフォーラム・フェスティバル2017公式サイト:
http://www.imageforumfestival.com/2017/
facebook:https://www.facebook.com/imageforum.japan/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf


今年も日本のアニメーション作品はA~Iプログラムまで分散しています。
詳しくはチラシに簡単な解説が付いているので、作品を探してみましょう。

Bプログラム「奇遇な風景たち」では、黒坂圭太さんの
「陽気な風景たち」<24m,2015>が上映されます。

他にも実験映像や海外の短編映像など数多くのプログラムがあります。
その他のプログラムや上映日時は、上記イメージフォーラムのサイトでご確認下さい。
<ナカニシ>

H 化現する身体
<5作品 76分>
東京 5/1(月) 16:15~、5/3(水) 16:15~  
京都 5/17(水) 19:00~ 
名古屋 6/22(木) 16:30~

大木裕之の際立って個性的な映画を体験すると、個人による映像作品はその作者自身であると強く感じるに違いない。Yプログラムで旧作を特集する芹沢洋一郎はIFF97以来となる新作を発表、自身の一部が映画であることを告白する。『アポロンの背中』は慧眼のアーティストによる20世紀の身体とメディアに関する考察。『mechanicalife』は関節まで紙(!)の人形が、『Slider』は指先でつままれた瞬間がアニメーション化される。

アポロンの背中 田村友一郎/デジタル/21分/2016
mechanicalife 中西義久/デジタル/5分/2017
サヴァイヴァル5+3(デジタル捕獲版) 芹沢洋一郎/デジタル/8分/2017
Slider 佐竹真紀/デジタル/2分/2016
TRAIN 大木裕之/デジタル/40分/2017

mechanicalife-s01.jpg
『mechanicalife』
<5m00s,16:9,video,2017>
 監督:中西義久
 音楽:国広和毅
 作品解説:
ペーパークラフトで制作した2体のロボットが繰り広げる
彼らの日常生活を描いたナンセンスとユーモアを盛り込んだ、
ペーパークラフト・アニメーション作品。
紙だけで作った関節人形でどこまで動かせるかと、
物語を面白く見てもらえるかという事に挑戦したコマ撮り作品。
2016年09月10日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

バンクーバー国際映画祭2016

Conslitruction-VancouverFes2016.jpg
バンクーバー国際映画祭2016で「conslitruction」が招待上映されます。
今年のイメージフォーラム・フェスティバル2016で上映したばかりの新作です。
YouTubeでも公開しています。
ぜひご覧ください。<ナカニシ>


バンクーバー国際映画祭2016
The Vancouver International Film Festival

2016年9月29日〜10月14日
バンクーバー、カナダ
https://www.viff.org/Online/default.asp

Out of the Frying Pan … _ Dazzling Anime Shorts

Frying Pan … + Dazzling Anime Shorts
Gateway | Dragons & Tigers
10月1日15:30〜、10月3日21:15〜
https://www.viff.org/Online/default.asp?BOparam::WScontent::loadArticle::permalink=f23267-out-of-the-frying-pan--dazzling-anime-shorts&BOparam::WScontent::loadArticle::context_id=

「食卓」<2016,47m00s>小松 孝
「私には未来がある」<2016,15m00s>大内りえ子
「水準原点」<2015,7m00s>折笠良
「affordance」<2015,18m00s>野辺ハヤト
conslitruction」<2016,5m00s>中西義久
「Finder」<2016,6m00s>佐藤義尚
「笑う蜘蛛」<2016,7m00s>田名網敬一



Frying Pan … + Dazzling Anime Shorts
Gateway | Dragons & Tigers
 
Out of the Frying Pan…
Director: Komatsu Takashi / Japan, 2016, 47 min.
A middle-aged poet lives with his alcoholic father and newly arrived stepmother in a fantastically cluttered house, but they don’t eat together—or even speak much. Gradually, though, things change. Komatsu’s debut could be the funniest deadpan tragi-comedy since Jim Jarmusch started out. With a selection of six dazzling alternative anime shorts from Japan.

— Tony Rayns

I Have the Future
Director: Ouchi Rieko / Japan, 2016, 15 min.
Scenes from the life of a girl whose mother is a ghost and whose father is a cat. Grand Prix, Image Forum Festival 2016.

Datum Point
Director: Orikasa Ryo / Japan, 2015, 7 min.
How does water gather? Powerful evocations of earthquake and tsunami across a landscape of clay, anchored in Ishihara Yoshiro’s poem Datum Point.

Affordance
Director: Nove Hayato / Japan, 2016, 18 min.
Humanoid figures are born from plant-pods and face a life-cycle of obstacles, challenges and stimuli.

Conslitruction
Director: Nakanishi Yoshihisa / Japan, 2016, 5 min.
A technically and conceptually brilliant work of paper-craft animation.

Finder
Director: Sato Yoshinao / Japan, 2016, 6 min.
Bet you wish your Apple-Mac was hot like this! Based on researching the ‘Finder’ function on the Mac OSX, Yosemite.

The Laughing Spider
Director: Tanaami Keiichi / Japan, 2016, 7 min.
A psychedelic fantasmagoria from Japan’s greatest veteran animator, based on childhood memories of air-raids.

 | TOP |  次のページへ >>

<< 2017年11月 >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

アニメーション80

アニメーション80

http://animation80.web.fc2.com

映像制作者集団「アニメーション80(はちじゅう)」は、1980年に東京造形大学、武蔵野美術大学の学生を中心に結成された、個人映像作家による制作及び上映を目的としたサークルです。