アニメーション80 ブログ

NEWS & INFORMATION

上映会のご案内、アニメーションや芸術に関する情報など

2017年07月28日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~

「イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~」の
「JAA会員新作 A」プログラムにて、
中西義久の自主制作アニメ『mechanicalife』を上映します。
各回、制作者の舞台挨拶ありです。是非ご覧下さい。<ナカニシ>

mechanicalife-s01.jpg
『mechanicalife』
<5m00s,16:9,video,2017>
 監督:中西義久
 音楽:国広和毅
 作品解説:
ペーパークラフトで制作した2体のロボットが繰り広げる
彼らの日常生活を描いたナンセンスとユーモアを盛り込んだ、
ペーパークラフト・アニメーション作品。
紙だけで作った関節人形でどこまで動かせるかと、
物語を面白く見てもらえるかという事に挑戦したコマ撮り作品。


IntoAnima7-omote1276.jpg
「イントゥ・アニメーション 7~INTO ANIMATION 7~」

会 場:六本木 国立新美術館 3F
期 間:8月4日(金)~7日(月)
入場料:全プログラム無料 
web sight:http://www.jaa.gr.jp/into7/
facebook:https://www.facebook.com/IntoAnimation7/


JAA会員新作 A <8作品 90分>
 8/4(金)11:20~12:50
 8/5(土)15:25~16:55
 8/7(月)14:15~15:45

パルタ今昔物語/保田克史
とうときょう/合田経郎
映画『一茶』/古川タク
mechanicalife/中西義久
ご存知えびせんのしりとりアニメ2017超豪華拡大版/グループえびせん
『いつもそばに』+おまけ/細山広和
作品集2016(仮)/ヨシムラエリ
サティの「バラード」/山村浩二
2017年07月23日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イントゥ・アニメーション 7「絶対15秒アニメ」

2017年8月4日(金)~7日(月) に国立新美術館3Fで行われる
イントゥ・アニメーション 7〜INTO ANIMATION 7〜の
各プログラムの間に1日1~3回上映される、
「絶対15秒アニメ」をご紹介します。

私も『七つの仕掛け』を出品します。

Seventrickssystem-02s.jpg
『七つの仕掛け』
一つの箱が開くと中の扉が開いていき、七つの仕掛けが展開するペーパークラフト・アニメーション作品。

「絶対15秒アニメ」
参加者/タイトル

  1/浅野優子/SnowWhite and the Seven Kokeshis
  2/あしたのんき/ラッキ~セブン
  3/いがらしなおみ/夕焼けの時間
  4/池田爆発郎/ラセブン
  5/石田卓也/ヒゲヒゲソリソリ
  6/一瀬皓コ/カニとキリン
  7/いわつき育子/いっしょにピヨピヨ7
  8/越後谷みゆき/NUGINUGI
  9/角谷貴司/7 brothers
  10/ガジェットスター/鋼鉄裁判艦ジャッジメント7
  11/冠木佐和子/ゴキブリ体操
  12/キム・イェオン/小部屋の幻想
  13/キム・ハケン/早いな、一週間
  14/久保雄太郎/みかん
  15/佐藤 皇太郎/7つに分けるには?
  16/佐野真隆/CHAIR
  17/島由美/小惑星探査機はやぶさ・7年間の旅
  18/清家美佳/ナナホシテントウ
  19/千光士義和/七変化
  20/土田ひろゆき/グリーンチップ
  21/津山昌徳/空の玉響(たまゆら)
  22/長塚美奈子/七味サンバ
  23/中西義久/七つの仕掛け
  24/西内としお/くま
  25/ノコゆかわ/7 stories of cats
  26/ひこねのりお/虹鬼
  27/姫田真武/7人兄弟の生活
  28/船本恵太/光りのセンテンス
  29/古川タク/ホテル・ナンジャラホイ・ドバイ
  30/細山広和/ごわさんでねがいましては
  31/間山マミー/虹色ハローくん
  32/南正時/しあわせのでんしゃ
  33/村上寛光/Sticks
  34/森下裕介/Beads Number
  35/森田和夫/フライパン座でクッキング
  36/湯川高光/八百屋お七
  37/横須賀令子/七つ目人
  38/ヨシムラエリ/なーな
  39/わたなべさちよ/七つの子

イントゥ・アニメーション 7〜INTO ANIMATION 7〜は全プログラム無料です。
また全作品収録のDVDも1,500円で販売されます。

「絶対15秒アニメーション」のPV
https://www.youtube.com/watch?v=mmaGIKbpOfk&feature=youtu.be

詳細は日本アニメーション協会のwebサイトでご確認ください。
http://www.jaa.gr.jp/into7/
2017年07月15日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

Into Animation 7〜イントゥ・アニメーション7

2017年8月4日(金)~7日(月)の4日間に渡り
六本木の国立新美術館にて開催されます。
全プログラム無料です。ぜひご覧ください。
web sight:http://www.jaa.gr.jp/into7/

IntoAnima7-omote1276.jpg
IntoAnima7-ura80-1276.jpg
2017年04月19日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イメージフォーラム・フェスティバル2017 東京・渋谷

「イメージフォーラム ・フェスティバル 2017」の
Hプログラム「化現する身体」にて、
中西義久の自主制作アニメの最新作『mechanicalife』を上映します。
是非ご覧下さい。
今年のポスター・ビジュアルは、ミュージシャンの近田春夫さんによるものです。

IFF2017TOKYO-s1.jpg
31th IMAGE FORUM FESTIVAL

イメージフォーラム・フェスティバル2017

東京:シアター・イメージフォーラム(渋谷)
4月29日(土)~5月7日(日)
入場料:当日券[1回券]1,500円 [4回券]3,200円 [フリーパス券]8,000円 

イメージフォーラム・シネマテーク3F「寺山修司」
4月29日(土)~5月7日(日)
入場料:当日券のみ[1回券]700円

イメージフォーラム・フェスティバル2017公式サイト:
http://www.imageforumfestival.com/2017/
facebook:https://www.facebook.com/imageforum.japan/?hc_ref=NEWSFEED&fref=nf


今年も日本のアニメーション作品はA~Iプログラムまで分散しています。
詳しくはチラシに簡単な解説が付いているので、作品を探してみましょう。

Bプログラム「奇遇な風景たち」では、黒坂圭太さんの
「陽気な風景たち」<24m,2015>が上映されます。

他にも実験映像や海外の短編映像など数多くのプログラムがあります。
その他のプログラムや上映日時は、上記イメージフォーラムのサイトでご確認下さい。
<ナカニシ>

H 化現する身体
<5作品 76分>
東京 5/1(月) 16:15~、5/3(水) 16:15~  
京都 5/17(水) 19:00~ 
名古屋 6/22(木) 16:30~

大木裕之の際立って個性的な映画を体験すると、個人による映像作品はその作者自身であると強く感じるに違いない。Yプログラムで旧作を特集する芹沢洋一郎はIFF97以来となる新作を発表、自身の一部が映画であることを告白する。『アポロンの背中』は慧眼のアーティストによる20世紀の身体とメディアに関する考察。『mechanicalife』は関節まで紙(!)の人形が、『Slider』は指先でつままれた瞬間がアニメーション化される。

アポロンの背中 田村友一郎/デジタル/21分/2016
mechanicalife 中西義久/デジタル/5分/2017
サヴァイヴァル5+3(デジタル捕獲版) 芹沢洋一郎/デジタル/8分/2017
Slider 佐竹真紀/デジタル/2分/2016
TRAIN 大木裕之/デジタル/40分/2017

mechanicalife-s01.jpg
『mechanicalife』
<5m00s,16:9,video,2017>
 監督:中西義久
 音楽:国広和毅
 作品解説:
ペーパークラフトで制作した2体のロボットが繰り広げる
彼らの日常生活を描いたナンセンスとユーモアを盛り込んだ、
ペーパークラフト・アニメーション作品。
紙だけで作った関節人形でどこまで動かせるかと、
物語を面白く見てもらえるかという事に挑戦したコマ撮り作品。
2016年09月10日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

バンクーバー国際映画祭2016

Conslitruction-VancouverFes2016.jpg
バンクーバー国際映画祭2016で「conslitruction」が招待上映されます。
今年のイメージフォーラム・フェスティバル2016で上映したばかりの新作です。
YouTubeでも公開しています。
ぜひご覧ください。<ナカニシ>


バンクーバー国際映画祭2016
The Vancouver International Film Festival

2016年9月29日〜10月14日
バンクーバー、カナダ
https://www.viff.org/Online/default.asp

Out of the Frying Pan … _ Dazzling Anime Shorts

Frying Pan … + Dazzling Anime Shorts
Gateway | Dragons & Tigers
10月1日15:30〜、10月3日21:15〜
https://www.viff.org/Online/default.asp?BOparam::WScontent::loadArticle::permalink=f23267-out-of-the-frying-pan--dazzling-anime-shorts&BOparam::WScontent::loadArticle::context_id=

「食卓」<2016,47m00s>小松 孝
「私には未来がある」<2016,15m00s>大内りえ子
「水準原点」<2015,7m00s>折笠良
「affordance」<2015,18m00s>野辺ハヤト
conslitruction」<2016,5m00s>中西義久
「Finder」<2016,6m00s>佐藤義尚
「笑う蜘蛛」<2016,7m00s>田名網敬一



Frying Pan … + Dazzling Anime Shorts
Gateway | Dragons & Tigers
 
Out of the Frying Pan…
Director: Komatsu Takashi / Japan, 2016, 47 min.
A middle-aged poet lives with his alcoholic father and newly arrived stepmother in a fantastically cluttered house, but they don’t eat together—or even speak much. Gradually, though, things change. Komatsu’s debut could be the funniest deadpan tragi-comedy since Jim Jarmusch started out. With a selection of six dazzling alternative anime shorts from Japan.

— Tony Rayns

I Have the Future
Director: Ouchi Rieko / Japan, 2016, 15 min.
Scenes from the life of a girl whose mother is a ghost and whose father is a cat. Grand Prix, Image Forum Festival 2016.

Datum Point
Director: Orikasa Ryo / Japan, 2015, 7 min.
How does water gather? Powerful evocations of earthquake and tsunami across a landscape of clay, anchored in Ishihara Yoshiro’s poem Datum Point.

Affordance
Director: Nove Hayato / Japan, 2016, 18 min.
Humanoid figures are born from plant-pods and face a life-cycle of obstacles, challenges and stimuli.

Conslitruction
Director: Nakanishi Yoshihisa / Japan, 2016, 5 min.
A technically and conceptually brilliant work of paper-craft animation.

Finder
Director: Sato Yoshinao / Japan, 2016, 6 min.
Bet you wish your Apple-Mac was hot like this! Based on researching the ‘Finder’ function on the Mac OSX, Yosemite.

The Laughing Spider
Director: Tanaami Keiichi / Japan, 2016, 7 min.
A psychedelic fantasmagoria from Japan’s greatest veteran animator, based on childhood memories of air-raids.
2016年08月09日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

広島国際アニメーションフェスティバル2016

「第16回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA2016」の
全上映作品が発表されました。
私の作品は「geometricube」と「gymnasiumany」の2本が、
「日本アニメーション大特集10:現代日本のアニメーション 1」で上映されます。
「日本のアニメーション大特集」は27プログラムあり、
過去の名作から最近の新作まで広く集められています。

他にも海外の長編アニメや短編特集など数多くのプログラムがあります。
是非ともご覧ください。
その他のプログラムや上映日時は、
下記広島国際アニメーションフェスティバルのサイトでご確認下さい。
<ナカニシ>

HIROSHIMA2016-LOVEPEACE.png
LOVE & PEACE
The 16th INTERNATIONAL ANIMATION FESTIVAL

第16回広島国際アニメーションフェスティバル
HIROSHIMA2016


会 場:JMSアステールプラザ(広島)
期 日:8月18日(木)~22日(月)
入場料:当日券[1回券]1,200円 [1日券]3,000円 [全プログラム券]12,000円 
   前売り券[1回券]1,000円 [1日券]2,500円 [全プログラム券]10,000円 

広島国際アニメーションフェスティバル2016公式サイト:
http://hiroanim.org/index.php

日本アニメーション大特集10:現代日本のアニメーション 1:
http://hiroanim.org/pdf/2016/program2016_0820.pdf


日本アニメーション大特集10:現代日本のアニメーション 1

1. 失われた朝食 キューライス ( 日本) 6'50"
2. ゴーストトラックス ブルべス ジェローム ( 日本) 5'17"
3. きおく きろく いま 水本 博之 ( 日本) 17'40"
4. Remember 林 俊作 ( 日本) 9'19"
5. 共感覚おばけ 牧野 惇 ( 日本) 3'21"
6. だいじょうぶ。 石井 章詠 ( 日本) 11'03"
7. あたしだけをみて 見里 朝希 ( 日本) 7'30"
8. チェブラーシカ 動物園へ行く 中村 誠 ( 日本) 17'46"
9. フリップの冒険 朝日 はるな ( 日本) 5'39"
10. gymnasiumany 中西 義久 ( 日本) 4'58"
11. geometricube 中西 義久 ( 日本) 5’00"

gymnasiumany-4.jpg
「gymnasiumany」 監督:中西義久 音楽:国広和毅


geometricube-01s.jpg
「geometricube」 監督:中西義久 音楽:国広和毅

2016年08月01日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」

長編アニメーション「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」が
8月20日(土)に恵比寿ガーデンシネマなど各地で公開されます。
アイルランドの神話をベースに制作されたこのアニメーションは
絵本の様な緻密で幻想的な絵で構成された親子の絆を描いた物語です。
親しみやすいキャラクターデザインと綺麗な動きでとても見やすく創られています。
特に主人公ベンの妹シアーシャがとても可愛いらしくてひきつけられます。
父母兄妹の全員に関わりがあるお話なので是非親子で鑑賞してほしいと思います。
またJ-WAVEでは吹き替え版親子試写会の招待を8月4日(木)まで行っています。
<ナカニシ>

SOTS_mainb.jpg
©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」
■上映日:8月20日(土)~
■映画館:EBISU GARDEN CINEMAほか
■原題:Song of the Sea
■製作:2014年 アイルランド、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、デンマーク合作
■配給:チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
■上映時間:93分
■監督:トム・ムーア
■キャスト:デビッド・ロウル、ブレンダン・グリーソン、リサ・ハニガン、ルーシー・オコンネル ほか
■吹替:本上まなみ、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、リリー・フランキー

公式web:http://songofthesea.jp
J-WAVE:https://www.j-wave.co.jp/topics/1607_sea.htm

SOS_sub3.jpg
SOS_sub1.jpg
SOS_sub2.jpg
SOS_sub4.jpg
©Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Nørlum

2016年07月18日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

WAKACYJNE SEANSE WE WRO

ポーランドのWROが主宰する上映イベント、
Eco Expanded Cityというプロジェクトの
「WAKACYJNE SEANSE WE WRO」のプログラムで
「有機都市-Bio City-」と「Loopic Cube」がループ上映されます。
7月17日から8月28日までの毎週日曜日に
以下の4プログラムがループ上映されます。<ナカニシ>

Biocity001_20130423200250.jpg
「有機都市-Bio City-」<7m45s,2006>
http://members3.jcom.home.ne.jp/oneminute/profile-1/BioCity.html

WAKACYJNE SEANSE WE WRO
WRO Art Center
Widok 7, Wroclaw, Poland
2016年7月17日~8月28日 12:00~15:00

http://wrocenter.pl/pl/english-wakacyjne-seanse-we-wro/

⬛︎PROGRAM I / 17.07, 7.08
Maria Korporal, Passing By (07:38)
Karl Sims, Panspermia (01:59)
Danny Warner, Aphasia Evaporata (01:30)


⬛︎PROGRAM II / 24.07, 14.08
Yoji Kuri, Funkorogashi (04:06)
Koji Yamamura, Fig (04:33)
Yoshihisa Nakanishi, Bio City (07:41)
Yoshihisa Nakanishi, Loopic Cube (05:00)


⬛︎PROGRAM III / 31.07, 21.08
Japanese-English Pictionary (11:39)
Shiriagari Kotobuki, Pies i kość (04:21)


⬛︎PROGRAM IV / 28.08
Maarten Isaak de Heer, A Flood Story [MU:STƏRman] flood (17:20)


紹介記事
http://czasdzieci.pl/wroclaw/wydarzenia/id,90058fde.html
CZAS-WAKACYJNE SEANSE WE WRO2016
2016年07月12日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

イメージフォーラム・フェスティバル2016 横浜

「イメージフォーラム ・フェスティバル 2016 横浜」の
(ア)プログラム「ニューフィルム・ジャパン・アニメーション・セレクション」にて、
中西義久の自主制作アニメの最新作『conslitruction』が上映されます。
是非ご覧下さい。

conslitruction-m06.jpg
『conslitruction』
<5m00s,16:9,video,2016>
 監督:中西義久 音楽:国広和毅
 作品解説:
  スリット状の切り込みを入れた紙をポップアップで立体的に作り、
  置き換えと立体驚き盤で動かすペーパークラフト・アニメーション作品。
  スリット状の紙で構成された様々な形の立体は、
  拡大縮小や上下左右などの動きを繰り返し、集合して画面を埋め尽くします。

IFF2016Yreef-1.jpg
30th IMAGE FORUM FESTIVAL

イメージフォーラム・フェスティバル2016 横浜

横浜:横浜美術館(みなとみらい駅、桜木町駅)
7月16日(土)~ 18日(月)
入場料:当日券[1回券]1,000円 [4回券]2,500円 [フリーパス券]4,500円 

イメージフォーラム・フェスティバル2016公式サイト:
http://imageforumfestival.com/2016/


東京、京都、福岡、愛知と巡回上映されてきた
「イメージフォーラム ・フェスティバル 2016」も最後の横浜となりました。
「アニメーション・セレクション」では新作のアニメーション招待作品が上映されます。
「ジャパン・トゥモロウ・セレクション」では一般公募の中から選ばれた、受賞作品が上映されます。
他にも奥山順市さんによる横浜特別講座や海外の短編映像など数多くのプログラムがあります。
その他のプログラムや上映日時は、上記イメージフォーラムのサイトでご確認下さい。
<ナカニシ>

IFF2016Yreef-2.jpg
:ニューフィルム・ジャパン・アニメーション・セレクション
<11作品79分>
横浜 7/16(土) 14:00~

ニュー・フィルム・ジャパン(日本招待部門)から多彩なアニメーション作品をセレクト。
国際的な注目度がいっそう高まっている日本のインディペンデント・アニメーションの最新ショーケース。

Finder 佐藤義尚/デジタル/6分/2016
もうひとつの穴 永岡大輔/デジタル/11分/2015
最後の観測者 永岡大輔/デジタル/12分/2015
AGE OF OBSCURE 水江未来、小野ハナ/デジタル/4分/2015
DARK MIXER 岩崎宏俊/デジタル/5分/2014
SAIGO トーチカ(モンノカズエ+ナガタタケシ)/デジタル/2分/2015
ふりだし 清家美佳/デジタル/8分/2016
conslitruction 中西義久/デジタル/5分/2016
木ノ花ノ咲クヤ森 村田朋泰/デジタル/11分/2015
笑う蜘蛛 田名網敬一/デジタル/カラー/7分/2016
カケラ 辻直之/16mm/8分/2016


トゥ :ジャパン・トゥモロウ・セレクション
<6作品75分>
横浜 7/16(土) 16:00~

日本全国から405作品の応募があった本年度ジャパン・トゥモロウの大賞作品および、最終審査員が選んだ作品を上映。
 
快速急行ガタゴトフィルム 野村建太/デジタル/21分/2016
えんえん 山中澪/デジタル/4分/2015 ★優秀賞
スキゾフレニア 村岡由梨/デジタル/10分/2016 ★優秀賞
affordance 野辺ハヤト/デジタル/18分/2015 ★優秀賞
水準原点 折笠良/デジタル/7分/2015 ★寺山修司賞
私には未来がある 大内りえ子/デジタル/15分/2016 ★大賞

私には未来がある 大内りえ子
私には未来がある 大内りえ子

《審査総評》
多様かつ力強い作品が多いなか、審査員は、パーソナル、イノベーティブ、テクニック、という3点に評価軸を設け審査の基準とした。その軸を元に議論を重ねた結果、以下の作品が選出された。
 
◎大賞
私には未来がある
まさにこの作品は驚きの連続。高い技術を持ちながら、想像力の引き出しが豊富で、次の展開を予想させない。こういった実験映画の醍醐味を享受させてくれながら、新しい心象風景を創出することに成功した作品。
 
◎寺山修司賞
水準原点
手作業とデジタル技術を組み合わせ、クレイ・アニメーションによる流れが詩を導き、歴史や地理を超えた解釈を何層にも促していく。その結果、流れが行き着く先のように限りなく開かれた空間を観客に体験させてくれる。
 
◎優秀賞
Affordance
実験映画の基礎である、一つの素材を生かし想像力を広げていくという方法により、具象と抽象の微妙な間を行き来しながら、線描きによる想像力と可能性を最大限に広げることに成功した作品。
 
えんえん
芸術史を連想させるかのように、階段を降りていくなかで様々な想像の広がりを見せてくれる。ことば遊びと、差異を動きの源泉とするアニメーションのメカニズムを組み合わせることで、子供の心理の表現を見事に表現している。
 
スキゾフレニア
自らが病にあるときに自分の内部に入り込みその内にあるものを外に引き出し表現することは容易ではないが、ライブアクションとアニメーションを組み合わせ、その痛みや暴力性を取り入れながら観客を作者の世界に引き込むことに成功している。
 
選にはもれたが、審査員が特に印象を持った作品として、「快速急行ガタゴトフィルム」と「チョコレートケーキと法隆寺」を挙げたい。前者はコマ撮り映像と電車、日記の組み合わせ、という日本の実験映画の一つの伝統を引き継いだ作品として、後者は、語りたくない過去に敢えて向き合い、それを自分と周囲の今後を結ぶきっかけとした勇気ある作品として評価したい。
IFF2016Yreef-9.jpg
2016年06月17日 更新
カテゴリー:上映会のお知らせ

広島国際アニメーションフェスティバル2016

HIROSHIMA2016-LOVEPEACE.png
2年毎に開催されている国内最大の国際アニメーションフェスティバルである、
「第16回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA2016」が今年開催されます。
最大の見所であるコンペティションには60作品が選出されました。
日本からは8作品がエントリーされました。

 「サティの「パラード」」 山村浩二
 「AGE OF OBSCURE」 水江未来 小野ハナ
 「ナポリタンの夜」 坂本友介
 「幕」水尻自子
 「FEED」岡崎恵理 
 「The Eye of the Storm」 平岡政展
 「MASTER BLASTER」 冠木佐和子
 「アナザー メモリー」 フラン・ブラヴォ(日本 スペイン共同制作)

今年は「日本のアニメーション大特集」がプログラムされ、
草創期から現代まで、優れた作品を一挙特集するようです。

他にも海外の長編アニメや短編特集など数多くのプログラムがあります。
是非ともご覧ください。
その他のプログラムや上映日時は、
下記広島国際アニメーションフェスティバルのサイトでご確認下さい。
<ナカニシ>

HIROSHIMA2016-prog1.jpg

LOVE & PEACE
The 16th INTERNATIONAL ANIMATION FESTIVAL

第16回広島国際アニメーションフェスティバル

HIROSHIMA2016

会 場:JMSアステールプラザ(広島)
期 日:8月18日(木)~22日(月)
入場料:当日券[1回券]1,200円 [1日券]3,000円 [全プログラム券]12,000円 
   前売り券[1回券]1,000円 [1日券]2,500円 [全プログラム券]10,000円 

広島国際アニメーションフェスティバル2016公式サイト:
http://hiroanim.org/index.php

HIROSHIMA2016-prog2.jpg

 | TOP |  次のページへ >>

<< 2017年09月 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

プロフィール

アニメーション80

アニメーション80

http://animation80.web.fc2.com

映像制作者集団「アニメーション80(はちじゅう)」は、1980年に東京造形大学、武蔵野美術大学の学生を中心に結成された、個人映像作家による制作及び上映を目的としたサークルです。